専門性×診断士 PR

【難関資格!】社会保険労務士【資格取得の魅力と成功の鍵】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

労務管理や社会保険に関するプロフェッショナルである社会保険労務士(社労士)。企業の運営を支える重要な役割を果たすこの資格に興味を持っている方も多いでしょう。

社労士資格の取得にはどのようなメリットがあり、具体的にどのようなステップを踏む必要があるのでしょうか?

本記事では、社労士の定義と役割、法的要件、そして実務における具体的な仕事内容について解説します。また、試験の受験資格や勉強方法、さらには資格取得後のキャリアパスや相性の良い資格についても紹介します。

さあ、あなたも社会保険労務士の魅力と成功の鍵を探る旅に出てみませんか?この記事を通じて、あなたのキャリアが大きく飛躍するための第一歩を踏み出しましょう。

社労士とは

社労士の基本的な説明についてまとめました。

定義と役割

社会保険労務士は、企業の労務管理や社会保険に関する手続きを代行する【国家資格者】です。具体的には、労働基準法、労災保険法、健康保険法、年金制度など、幅広い法律の知識を駆使して企業の運営をサポートします。

法的要件

社会保険労務士として活動するためには、国家試験に合格し、登録を行う必要があります。登録後も、継続的な学習や研修を通じて最新の法律知識を保持することが求められます

実務

社労士は、企業の労務管理、給与計算、社会保険手続きなど多岐にわたる業務を担当します。また、企業の労務トラブルを未然に防ぐためのアドバイスを行い、労働環境の改善にも寄与します。

社労士の主な仕事内容は以下のとおりです。

上記のうち、1号業務と2業務は社労士の独占業務です。3号業務については特に資格は必要ないです。

Hanamaru

独占業務があることは強み

受験資格

受験資格については、以下があります。

学歴と実務経験

社労士試験を受験するためには、以下のいづれかの条件を満たす必要があります。

学歴による受験資格

大学、短期大学、専門職大学、専門職短期大学、高等専門学校(5年制)を卒業した者、または専門職大学の前期課程を修了した者は、実務経験がなくても受験資格を得ることができます。大学、短期大学、高等専門学校については、学部は問われません。労務に関連しない学部の卒業生でも問題ありません。

実務経験による受験資格

労務管理、社会保険事務の実務経験が、3年以上ある場合は受験資格になりえます。

実務経験の有無は、受験申し込みの際に証明書の提出が求められます。証明書は、勤務先の代表者や担当者が発行するもので、具体的な職務内容と従事期間が明記されたものが必要です。

公式 受験資格証明書

高卒の場合は実務経験必須

学歴が高卒、もしくは専門学校卒業の場合は実務経験が必須です。
実務経験には、以下のような種類があります。

労働組合、日本郵政公社、年金公社など定められた企業に3年以上勤務
一般企業で、労務に関する仕事を3年以上勤務
社労士法人・弁護士法人などでの補助業務に3年以上勤務

なお、電話対応や、来客対応などの単なる事務作業に分類される仕事は実務経験には入りません。また、複数の職場にまたがっていても、実務経歴が計3年以上あれば大丈夫です。
ただ、各職場で職歴の証明書が必要なので気をつけてください。

厚生労働大臣が認定の国家試験合格者

行政書士など79の国家試験が該当します。
国家資格の中には学歴不問のものも多いので、学歴が条件を満たしていなくても取得しやすい資格を取れば、受験資格を得られます。

公式 社会保険労務士試験

Hanamaru

実務経験が重要な資格です

資格取得のメリット

社会保険労務士の資格取得のメリットについて、まとめています。

専門知識が実務に直結

社労士試験の出題範囲は人事実務と密接に関連しており、社会保険の手続き、産休育休手当金の申請、労働保険料の計算など日常業務に必要な知識が網羅されています。

これにより、効率的な業務遂行が可能になり、従業員への負担も軽減します。また、採用時の法令遵守、ハラスメント対策、トラブル解決スキルなど、リスク管理能力も向上します。

実務に役立つ深い知識を得られるため、社労士資格の取得は大きなメリットがあります。

多彩なキャリアパス

社労士資格は人事だけでなく、総務や労務の部門でも役立ち、中小企業などで働く人にとって大きなメリットを提供します。企業でのリスクマネジメントが容易になり、昇進・昇格のチャンスも増えるため、キャリアアップが望めます。

また、社労士事務所や人事コンサルティングファームへの転職、フリーランスとしての独立、自身の会社設立など、多様なキャリアパスを開くことができます。

これらの理由から、社労士資格は将来の選択肢を広げる価値ある資格と言えます。

年収上昇

社労士は国家資格であり、独占業務があるため年収が高い仕事として知られています。資格手当や評価の上昇により月給や賞与が増える可能性があり、人事評価での副次的なメリットも期待できます。

さらに、弁護士や税理士と同じ「士業」に属するため、社会的地位も高いです。キャリアアップを図りたい場合、社労士の資格取得がおすすめです。

自己成長の実感

社労士試験の合格は自己成長を実感できる大きな成功体験となり、自信を持って新たなキャリアパスに挑戦するキッカケとなります。

特に、現在の仕事にやりがいを感じなくなっている人やモチベーションが低下している人にとって、社労士資格の取得は新しい刺激となり得ます。また、人事担当者がこの資格を取ることで、労務管理の楽しさと難しさを学び、仕事への意欲を高める効果が期待できます。

条件の良い企業への転職

社労士資格を持ち、実務経験を積んだ人は転職市場で希少人材とされます。人事部門の責任者やコンサルティングファームのアドバイザー、社労士事務所の職員など転職の選択肢が豊富です。

転職エージェントやヘッドハンターを活用することで、年収や待遇が向上するキャリアアップ転職の可能性も高まります。興味がある人は求人をチェックすると良いでしょう。

独立・開業

社労士は独立して事務所を開業するキャリアパスがあります。特別な条件はなく、試験合格と2年以上の実務経験があれば可能です。独立すると自分のペースで働け、高年収も期待できます。

特に労働安全衛生が重要な業種の経験があれば、業界特化型の社労士として成功しやすいです。ただし、未経験で独立する場合、案件獲得が難しいこともあるため、開業は慎重に判断する必要があります。

資格を活かして副業する

社労士資格は副業にも活用でき、本業の人事を続けながら副収入を得ることができます。社会保険や労働保険料の算定時期などに短期求人が出ることがあり、資格保有者は採用されやすいです。

クラウドソーシングやスキルマーケットでは、労働トラブルの相談を請け負うことも可能です。企業や個人からの相談を受け付けることで収入を得られるため、自分に合った副業スタイルを見つけると働きやすさが向上します。

Hanamaru

実務経験が重要な資格です

試験概要

以下に試験概要をまとめました。

試験時期

社会保険労務士試験は、毎年8月の第4日曜にに全国各地で実施されます。受験申込受付期間は、例年4月中旬から5月末までです。受験票の発送は7月中旬頃となります。

公式 試験時期

受験料

試験の受験料は、1万5千円です。具体的な金額や支払い方法については、試験実施機関の情報を確認してください。

試験科目

社会保険労務士試験は、毎年8月に全国各地で実施されます。受験のための申し込み期間は、試験の数ヶ月前から始まるため、公式ウェブサイトで詳細な日程を確認してください。

社労士試験は筆記試験のみで、以下の科目が出題されます。

試験科目選択式(計8科目)択一式(計7科目)
労働基準法及び労働安全衛生法1問(5点)10問(10点)
労働者災害補償保険法
(労働保険の保険料の徴収等に関する法律を含む)
1問(5点)10問(10点)
雇用保険法
(労働保険の保険料の徴収等に関する法律を含む)
1問(5点)10問(10点)
労務管理その他の労働に関する一般常識1問(5点)10問(10点)
社会保険に関する一般常識1問(5点)
健康保険法1問(5点)10問(10点)
厚生年金保険法1問(5点)10問(10点)
国民年金法1問(5点)10問(10点)
合計8問(40点)70問(70点)

社労士試験は、選択式と択一式の2形式にて出題されます。

選択式は5つの空欄に語句を選ぶ問題で、択一式は正解を選ぶ問題です。試験は午前・午後に分かれ、合計5時間近くかかるため集中力が求められます。

受験は年に1回で、合格までに数年かかることもあります。

Hanamaru

体力もいる試験なんです

勉強時間・方法・費用

合格ライン

社労士試験の合格基準は毎年変動し、合格発表時に分かります。

だいたい7割程度を基準となります。

以下は、例です。

試験種類合格ライン詳細
選択式試験総得点:28点以上(40点満点中)各科目5点満点中3点以上
択一式試験総得点:49点以上(70点満点中)各科目10点満点中4点以上

特定の科目で極端に低い得点を取った場合には不合格となりますので、全ての科目でバランスよく得点を取ることが重要となります。

各年度によって試験の難易度が異なることから、平均点に応じて補正が行われることとなります。

合格率・難易度

全国平均の合格率は約6%から7%とされ、非常に難易度の高い試験です。

年度受験者数合格者数合格率
令和5年度42,7412,7206.4
令和4年度40,6332,3145.3
令和3年度37,3062,9377.9
令和2年度34,8452,2376.4
令和元年度38,4282,5256.6

直近5年は5~7%の範囲で推移しています。

100人受験して5人合格する程度の確率であり、かつ複数年に渡って受験している人の数も含まれているため、難易度が高いのが特徴です。

勉強時間

社会保険労務士試験に合格するためには、約800時間~1,000時間の勉強時間が必要とされています。

試験の10ヶ月~12ヶ月前から学習を始める場合、1日3時間、または平日は1日2時間、休日は5時間ほど勉強することが推奨されます。

合格者の多くの人が「800時間程度」勉強したと答えています。合格者は試験実施年の前年8月から10月頃に勉強を開始し、8月の本試験までに合計800時間の勉強時間を確保していたのです。

膨大な学習と本業と両立させる必要がある

社労士試験は難関国家試験で、広範な出題範囲をカバーするための学習時間に加え、年1回の試験に向けた強い精神力が求められます。

試験当日は約5時間に及ぶため、集中力を維持する体力も重要です。不合格の場合、翌年の試験まで待たなければならず、本業との両立も一層困難になります。

日常業務に追われて残業や休日出勤が増えている場合、学習時間を確保するために業務効率を見直す必要があるでしょう。

勉強方法

独学、市販の参考書や問題集を活用することが多いですが、通信教育やオンライン講座も非常に効果的です。特に独学が難しいと感じる場合は、専門の講座を利用すると良いでしょう。

独学

独学で社労士試験に合格するためには、計画的な学習スケジュールを立て、毎日一定の学習時間を確保することが重要です。過去問を繰り返し解き、出題傾向を把握し、苦手分野を重点的に学習します。独学はかなりの精神力が必要となります。

通信教育やオンライン講座

通信教育やオンライン講座をおすすめする理由は、柔軟な学習スケジュールが組めることです。忙しい社会人でも、自分のペースで学べるため、効率的に学習できます。また、専門講師の解説や豊富な学習資料が提供され、理解が深まります。さらに、質問サポートや模擬試験などのサービスも充実しており、独学では得られないメリットがあります。

momo

体験談追記予定!

合格後の注意点

社会保険労務士として実務を行うためには、全国社会保険労務士連合会への登録が必要です。登録には6万円の登録免許税と手数料が必要で、都道府県の社会保険労務士会への入会も同時に行います。登録は任意で、いつでも可能です。

また、登録するためには、実務経験が2年以上必要です。実務経験が2年以上ない方は、連合会が実施する「事務指定講習」を受けることで、実務経験に代えることができます。講習は4ヶ月の通信指導と4日間のeラーニングまたは面接指導で行われます。

Hanamaru

私は8年かかりました

資格取得後の上位資格の種類

資格取得後、さらに上を目指すことが可能です。

特定社会保険労務士

特定社会保険労務士は、紛争解決手続代理業務を行うことができる上位資格です。この資格を取得することで、労働問題の解決に一層深く関わることが可能になります。

  • 特別研修の終了
  • 紛争解決手続代理業務試験に合格

公式 特定社会保険労務士

相性の良い資格の種類

社会保険労務士と相性の良い資格は以下です。

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントは、人材活用の専門職で、2016年に誕生した国家資格です。個人に合ったキャリア形成や能力開発の相談を行い、社労士の3号業務とも相性が良いです。

労務管理の視点からもアドバイスが可能です。試験は2つの団体が主催し、学科試験と実技試験があり、合格率は50%~70%と比較的高いです。

社会福祉士

社会福祉士は、医療や福祉に関連する相談・援助を行う専門家です。社労士と同じ国家資格のひとつで、医療福祉の業界に強い社労士として活躍することができます。

個人情報保護士

個人情報保護士は、個人情報の取り扱いに関するスペシャリストで、企業にアドバイスを行います。IT技術の進歩に伴い、個人情報保護の重要性が増しており、企業は対応を強化しています。

社労士がこの資格を取得することで、個人情報を適切に扱うプロとして高い信頼を得られます。試験難易度がそれほど高くないため、コストを抑えてダブルライセンスを狙いたい人におすすめです。

FP

ファイナンシャルプランナーは、個人や企業の資産管理、投資、保険、税金、退職計画などの財務相談に応じ、最適なアドバイスを提供する専門家です。将来の目標達成を支援します。

※GreatSebastianSchoolは、【資格の学校TAC】と提携しています。

また、FPで独立を考えている人向けに専門のプログラムがありますのでご参照ください。

※GreatSebastianSchoolは、【一般社団法人実務家FP支援機構】と提携しています。

中小企業診断士

中小企業診断士についての詳細を知りたい方は以下をクリック!

Sebastian

あなたを診断士にしたい!

最後に

社会保険労務士の資格は、労務管理や社会保険に関する深い知識と実務経験を必要とする非常に価値ある資格です。この資格を取得することで、企業の労働環境の改善や労務トラブルの防止に貢献できるだけでなく、キャリアアップや独立の道も開かれます。

また、特定社会保険労務士やキャリアコンサルタント、個人情報保護士など、相性の良い資格を併せて取得することで、さらに専門性を高めることができます。

資格取得は一朝一夕には達成できませんが、その過程で得られる知識やスキルは、あなたのキャリアに大きなプラスとなります。

受験生へのエール

受験勉強は決して楽な道のりではありませんが、その努力は必ず実を結びます。社労士資格の取得を目指す皆さん、学習計画をしっかり立て、コツコツと努力を続けてください。途中で挫けそうになることもあるかもしれませんが、自分のペースで一歩ずつ進むことが大切です。

「継続は力なり」という言葉があります。あなたの努力が、必ず大きな成果に繋がると信じて、最後まで諦めずに頑張ってください。私たちも応援しています。成功を心から祈っています!

Hanamaru

継続は力なり!

ABOUT ME
Hanamaru
大学卒業後、民間会社に19年勤務した後、事業再編の影響で早期退職。約1年間無職の期間を過ごし、公務員の社会人採用枠を目指し受験するが失敗。その後地域の経営支援機関の採用試験を受験し採用となり、同機関勤務後12年目となる。平成29年に社会保険労務士試験に合格、事務指定講習を経て、令和元年に登録。令和4年度に行政書士試験合格。持続化補助金を中心とした補助金事業計画書作成支援が強み。今後は社労士資格を活かし、労務管理の整備や労働関係助成金申請に関する提案を重点的に行っていきたい。55歳。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です