専門性×診断士 PR

【プロの道を切り開くために知っておきたいこと】調理師資格取得ガイド

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

料理が好きな方、食のプロフェッショナルを目指している方にとって、調理師資格はまさに夢への一歩です!

レストラン、ホテル、病院、学校の給食センターなど、さまざまな職場での活躍を可能にするこの資格。

しかし、「具体的にどんな資格なのか」「どのように取得すればいいのか」については、まだまだ知られていない部分も多いでしょう。

このブログでは、調理師資格の定義から受験資格、試験内容、勉強方法まで、詳しく解説していきます。資格取得のメリットや、調理師としてのキャリアアップに役立つ情報も満載です。

さぁ!プロの道を切り開くための第一歩を踏み出しましょう!

調理師とは

皆さん調理師については、「なんとなく想像できる」と思いますが、具体的にはどんな資格なんでしょうか?

定義と役割

調理師は、その名のとおり料理を専門的に調理し提供する職業であり【国家資格】です。

レストランやホテル、病院、学校の給食センターなど、さまざまな場所で働くことができます。調理師は、食材の選定、調理、盛り付け、衛生管理など、多岐にわたる業務を担当します。

法的要件

調理師として働くためには、各都道府県が実施する調理師試験に合格し、調理師免許を取得する必要があります。更新に必要な研修等はなく、一度取得すれば永久に保有できます。

実務

調理師は日常的に食材の仕入れから調理、提供までのすべての過程を管理します。また、衛生管理や栄養バランスにも気を配り、安心して食事を楽しめる環境を提供します。

つまり調理師資格保有者は、製造指導だけでなく、製造現場のマネジメント能力についても評価される国家資格と言えます。

Sebastian

作業だけじゃない運営も評価!

受験資格

調理師試験を受験するためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 中学校卒業以上の学歴
  • 飲食店や病院、学校給食などで、2年以上の調理実務経験
  • または、専門学校などで所定の調理師養成課程を修了

よほど特殊な事情が無い限り、日本の義務教育で中学校を卒業していないことはないと考えられますが、2年以上の調理実務経験や専門学校の養成課程修了など受験資格に制限があります。

受験資格を得られない職歴

調理師試験で受験資格を得られない職歴については、以下のような職歴が該当します。

  1. 飲食店以外の職場での勤務
    • 飲食業に関連しない職場(例:オフィスワーク、販売職など)での勤務は調理師試験の受験資格にはカウントされません。
  2. アルバイトやパートタイム勤務
    • 正社員としての勤務ではなく、アルバイトやパートタイムの勤務は、職歴として認められない場合があります。
  3. 調理以外の職務内容
    • 食品製造業や飲食店で働いていても、実際の調理業務を行っていない場合(例:ホールスタッフ、レジ係など)は職歴として認められません。
  4. 実務経験が不十分な場合
    • 調理師試験の受験には一定期間の実務経験が必要ですが、この期間が満たされていない場合も受験資格が得られません。

私の体験談

私の実家は母が食堂を営んでおり、たまに手伝いをしていました。自宅と家が併設していましたので、ある意味では過ごした期間が従事した期間なんてこともあるかもです。

以下は千葉県の【調理業務従事証明書】です。様式は各都道府県によって異なりますので注意が必要です。

なお、私は実務経験上、焼き立てパンの製造指導していましたので、従事していた中堅企業からも申請をすれば証明書がもらえたと思います。

私の会社にも製造部門はあるけど、毎日製造業務をしている訳じゃない!

調理師は作業をできる能力だけでなく、製造のオペレーションを組んだり、マニュアルを作成し教えるなどのマネジメントの立場の方も含まれます。会社に製造部門があり、マネジメントをしている方も諦めずに会社に相談することが重要です。※

※ただし、全く調理業務に従事していない場合や、既製品や半製品を簡易的に調理し、提供するだけの場合は対象外です。

Sebastian

まずは職場に相談しよう!

資格取得のメリット

実際に調理師資格を取得している私の経験から以下に有利だと言えます。

就職・転職に有利

調理師免許を持っていると、飲食業界での就職・転職がスムーズになるだけでなく、コンサルタント業界についても、飲食業界担当として高く評価されます。

スキルの証明

専門的な知識と技術を持っていることの証明となり、信頼性が高まります。実際に他の会社の厨房や製造部門を見たときに、どんな問題があるかを気づき、改善案を提案できる強みができます。

キャリアアップ

調理師としてのキャリアアップや独立開業の際にも役立ちます。飲食店の経営はもちろんのこと、飲食業界やホテル宿泊業界に限らず、【食に関するコンサル】として求められます。

バイト・パート採用にも有利

見落としがちですが、バイトやパートの方でも資格手当が付く可能性がありますので、学生や社会人になってからでも、調理場で実務経験を2年以上積んだ経験のある方は受験資格になることを覚えておきましょう!

Sebastian

【食】は人間に最も必要な分野!

試験概要

日本の調理師試験は各都道府県が独自に実施・運営しています。

試験時期

調理師試験の試験時期は、各都道府県によって異なりますが、一般的に年に1回、主に6月から10月にかけて実施されます。

試験の具体的な日程は各都道府県の衛生部門や教育委員会などが発表するため、受験を希望する方は自分の居住地または試験を受ける地域の公式情報を確認することが重要です。

試験の申込期間も都道府県によって異なり、多くの場合は試験日の数ヶ月前から受付が開始されます。詳細な日程や申し込み方法については、各都道府県の公式ウェブサイトや調理師試験の案内書を参照してください。

受験料

調理師試験の受験料は、各都道府県によって異なりますが、一般的には6,000円から7,000円程度です。具体的な金額や支払い方法は、各都道府県の衛生部門や試験実施機関が提供する情報を確認する必要があります。

受験料は、試験の申込書提出時に指定された方法で支払うことが求められます。多くの場合、銀行振込や郵便局での支払いが利用されますが、都道府県によってはオンライン支払いが可能な場合もあります。

受験を希望する方は、事前に公式サイトや案内書を確認し、正確な受験料と支払い方法を確認することをおすすめします。

試験科目

調理師試験は、意外と思われるかもしれませんが、実技試験がありません。筆記試験のみで、すべて四択式の問題で、以下の科目が出題されます。

公衆衛生学

地域社会全体の健康を維持・向上させるための理論と実践を学び、感染症の予防や健康管理の基本原則について理解します。

食文化概論

世界各地の食文化や歴史、食習慣の変遷を学び、食に関する多様な知識と理解を深め、調理師としての視野を広げます。

食品学

食品の成分、性質、加工方法について学び、食品の保存方法や品質管理、栄養価などの基本的な知識を習得します。

栄養学

人間の健康維持に必要な栄養素やその働きを学び、バランスの取れた食事の提供方法や栄養管理について理解します。

調理理論

調理の基本技術や理論を学び、食材の選び方や調理方法、盛り付けなどの実践的な技術と知識を習得します。

食品衛生学

食品の安全管理や衛生的な取り扱い方法について学び、食中毒の予防や衛生管理の実践方法を習得します。

公益社団法人調理技術技能センターより一部の県の過去問題が掲載されていますので、下記を参照してください。

公式 過去問題&解答

Sebastian

試験に実技はない!

勉強時間・方法・費用

合格ライン

調理師試験の合格基準は、原則として全科目の合計得点が60%以上であることです。ただし、たとえ合計得点が合格点に達していても、特定の科目で極端に低い得点を取った場合には不合格となります。この基準を満たすためには、全ての科目でバランスよく得点を取ることが重要です。「極端に低い得点」の具体的な基準は公表されていませんが、偏りなく全科目で合格点を取ることが求められます。

合格率・難易度

全国平均の合格率は、例年60%から70%の間で推移しています。国家資格の中には、合格率が一桁台の試験も多く見られるため、この数値から他の国家資格と比較して難易度がそれほど高くないことがわかります。

合格率は高いものの、隔年で難易度に違いがある傾向です。

勉強時間

試験対策には個人差がありますが、一般的には3〜6ヶ月程度の学習期間が推奨されます。毎日の学習時間は、1〜2時間程度が目安です。

私は働きながら、3カ月程度の学習で合格しました。

以下のサイトに具体的な勉強スケジュールの記事がありましたのでご紹介します。

すきうまブログ

勉強方法

勉強方法は以下を参考にしてください。

独学

市販の参考書や問題集を活用して、基礎知識を固めます。

おすすめの本は以下です。

通信教育やオンライン講座

勉強慣れしている人は独学でも大丈夫ですが、試験は1年に1回しかありません。確実に合格したいのなら、自宅で学べる通信教育やオンライン講座も利用すると効率的です。また、他の国家資格講座と比較して安価であることも特徴です。

試験テクニック

調理師会によっては、【調理師試験事前講習会】を実施している県があります。場合によっては試験が有利になる可能性がありますので、実施している県にお住まいの方は試験勉強と併せて受験することをお勧めします。

主な効果は以下です。

  1. 試験内容の理解: 講習会では試験の出題範囲や重要ポイントについて詳しく説明されるため、どの分野を重点的に勉強すべきかが分かります。
  2. 専門的な指導: 専門の講師から直接指導を受けることで、独学では理解しにくい部分や疑問点を解消できます。
  3. 最新情報の入手: 試験内容や形式が変更された場合、講習会で最新情報を入手できるため、試験対策をより効果的に行えます。
  4. 模擬試験の実施: 多くの講習会では模擬試験が行われるため、本番に向けて実践的な準備ができます。これにより、試験本番での緊張を和らげることができます。
  5. 効率的な学習: 講習会では効率的な学習方法や試験対策のアドバイスが提供されるため、短期間で効果的に勉強を進められます。

簡単に言うと、直近の試験に出る内容が分かる可能性があるということです。

このように、事前講習会を受けることで試験対策がより充実し、合格率を高めることが期待できます。受験する際には、講習会の利用を検討すると良いでしょう。

Sebastian

リッチな情報があるかも!

資格取得後の上位資格の種類

調理師としての経験を積んだ後、以下の上位資格を目指すことができます。

専門調理師・調理技術士

専門調理師・調理技術士は、高度な調理技術と専門知識を持つことを証明する資格です。この資格は、和食、中華、フランス料理などの特定の料理ジャンルにおいて、優れた技能を認められた調理師に与えられます。資格を取得するには、一定の実務経験と試験合格が必要です。専門調理師資格を持つことで、キャリアの向上や給与面での優遇が期待でき、職場での信頼性や評価も高まります。

公式 専門調理師

Sebastian

【食】の高みへ!

相性の良い資格の種類

調理師の資格と相性の良い資格として、以下が挙げられます。

フードコーディネーター

フードコーディネーターは、食に関する企画や演出を手掛ける専門家です。料理のプレゼンテーション、メニュー開発、イベントの食事計画、料理撮影のスタイリングなど、多岐にわたる業務を担当します。食の美しさや楽しさを追求し、消費者の興味を引く工夫を凝らします。飲食店、広告、出版、イベント業界などで活躍し、食の魅力を最大限に引き出す役割を果たします。

公式 フードコーディネーター

管理栄養士

管理栄養士は、栄養と食事管理の専門知識を持つ国家資格です。病院や福祉施設、学校、企業の食堂などで、個々の健康状態や栄養ニーズに応じた食事計画を立て、栄養指導を行います。資格を取得するには、指定の栄養士養成施設で学び、実務経験を積んだ後、国家試験に合格する必要があります。管理栄養士は、食事を通じた健康維持と病気予防に重要な役割を果たします。

公式 管理栄養士

衛生管理者

衛生管理者は、飲食業や調理師向けに職場の衛生環境を管理する専門資格です。厨房や飲食店での食材管理、衛生指導、従業員の健康チェックを行い、食中毒や感染症の予防を図ります。この資格を持つことで、食の安全と品質を保ち、衛生基準の遵守を徹底する役割を果たします。資格取得には、試験合格が必要です。

【持つだけで転職に有利!】第1種・第2種衛生管理者【資格取得のすすめ!】 衛生管理の資格は取得するだけで、強みになる! 衛生管理者は立派な【国家資格】であり、一定規模の事業場では、衛生管理に関する業務を...

中小企業診断士

Sebastian

あなたを診断士にしたい!

最後に

調理師資格は、料理の専門技術を証明し、さまざまな職場で活躍の幅を広げるための国家資格です。

調理師としての道を歩むことで、食材の選定から調理、提供、衛生管理に至るまで、多岐にわたる業務を経験し、食のプロフェッショナルとしてのキャリアを築くことができます。

受験資格には一定の学歴と実務経験が必要ですが、挑戦する価値は十分にあります。

受験生へのエール

受験を目指す皆さん、今は多くの知識を学び、試験勉強に励んでいることでしょう。試験対策は大変ですが、目指す資格の取得はきっとあなたのキャリアを大きく前進させる力となります。

日々の努力が実を結ぶよう、全力で頑張ってください。困難なときもあるかもしれませんが、あなたの努力と情熱が必ず報われる瞬間が訪れるはずです。自信を持って、最後まで諦めずに頑張ってください。応援しています!

ABOUT ME
Great Sebastian
Great Sbastian School 学長 Great Sebastian 専門分野(店舗管理/店内製造/衛生管理/管理会計/景況調査/補助金審査) 資格(中小企業診断士・第一種衛生管理者・調理師・2級(FP/簿記/販売士) 【あなたを中小企業診断士にしたい!】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です