専門性×診断士 PR

【AI】に【奪われる】職業・【奪われない】職業

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

近年、人工知能(AI)の進化は私たちの生活や働き方に大きな影響を与えています。

多くの職業がAIに取って代わられる一方で、新たな職業や役割が生まれています。本記事では、AIによって取って代わられる職業と、逆にAIによって強化される、もしくは奪われない職業について探求します。

中小企業診断士もしくは現在、取得を目指している人にとって、AIの進化はどのような影響をもたらすのでしょうか?

AIは診断士の役割を奪うのでしょうか?

それとも診断士の仕事をさらに効率的で効果的なものにするのでしょうか?

AIに【奪われる】職業と【奪われない】職業を予測することで、AI時代における中小企業診断士の未来について考察していきます。

AIの台頭により、私たちの仕事の未来はどのように変わっていくのかを見ていきましょう。

奪われない職種

AIの進展により多くの職種が自動化される可能性がありますが、以下のような専門職種はAIに【奪われにくい】とされています。

これらの職種は、高度な専門知識、創造性、人間的なスキル、複雑な意思決定を必要とするため、AIによる代替が難しいです。

1. 医療・看護職

  • 医師・外科医: 診断や治療の際に必要な高度な専門知識と経験、患者とのコミュニケーションスキルが求められるため、完全にAIに置き換わることは困難です。
  • 看護師: 患者のケアや精神的サポート、人間関係の構築など、感情的な側面が重要な職種です。

2. クリエイティブ職

  • アーティスト・デザイナー: 絵画、音楽、デザインなどの創造的な仕事は、人間の創造力や感性が重要です。
  • 作家・脚本家: ストーリーテリングや感情表現など、人間の経験に基づく創造的なプロセスが必要です。

3. 教育職

  • 教師・教授: 生徒とのインタラクションや個別の指導、学習の動機づけなど、柔軟な対応が求められるため、完全な自動化は難しいです。

4. 法律職

  • 弁護士・法曹関係者: 複雑な法律問題の解釈や裁判での弁護、クライアントとのコミュニケーションなどが必要です。
  • 裁判官: 公平な判断や倫理的な決定が求められるため、AIによる完全な代替は難しいです。

5. 経営・戦略職

  • 経営コンサルタント: 企業の戦略立案や複雑なビジネス問題の解決には、高度な専門知識と柔軟な思考が必要です。
  • CEO・経営幹部: 組織のトップとしての意思決定やビジョンの策定、人間関係の管理など、多岐にわたる能力が求められます。

6. 心理・カウンセリング職

  • 臨床心理士・カウンセラー: 感情的なサポートや心理的な問題の解決には、高度な共感力とコミュニケーションスキルが必要です。

7. 高度な技術職

  • 研究者・科学者: 新しい知識の創造や問題解決のための創造的なアプローチが求められます。
  • エンジニア(特にAIやロボティクス分野): 高度な技術スキルと創造力が必要です。

8. 公共サービス職

  • 消防士・警察官: 緊急時の対応や公共の安全を守るための判断力と行動力が必要です。
  • 社会福祉士: 高齢者や障がい者など、支援を必要とする人々との関係構築や支援が重要です。

これらの職種は、人間ならではの能力やスキルが重要視されるため、AIによる完全な自動化が難しいと考えられます。

さらに、AI技術を活用することで効率化やサポートが可能となり、専門職としての役割がさらに強化される可能性もあります。

奪われる職種

AIの進展により、自動化されやすい専門職には以下のようなものがあります。

これらの職種は、繰り返し作業が多い、ルールに基づいた作業が中心、または大量のデータ処理を必要とするため、AIや機械学習によって効率的に置き換えることが可能です。

1. データ処理職

  • データ入力・データ管理: 大量のデータを入力・整理する業務は、AIによる自動化が進みやすい分野です。
  • 会計・簿記: 簡単な会計処理や簿記作業は、AIによって自動化が進んでいます。

2. 製造業

  • 製造ラインの作業者: 繰り返しの多い製造工程は、ロボットやAIによって自動化が可能です。
  • 品質管理: 画像認識技術を用いた検査や品質管理は、AIが得意とする分野です。

3. 事務職

  • 一般事務: 書類作成、スケジュール管理、メール対応などの業務は、AIやRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)によって自動化されやすいです。
  • カスタマーサービス: チャットボットや音声アシスタントが顧客対応を行うケースが増えています。

4. 小売業

  • レジ係: 自動チェックアウトシステムやセルフレジの導入が進んでいます。
  • 在庫管理: AIによる需要予測や在庫管理システムが普及しています。

5. 交通・運輸

  • トラック運転手: 自動運転技術の進展により、長距離輸送などが自動化される可能性があります。
  • 配達員: ドローンやロボットを使った配送システムの開発が進んでいます。

6. 金融業

  • 証券アナリスト: AIは大量の市場データを分析し、投資判断を行うことができます。
  • クレジットアナリスト: クレジットスコアリングやリスク評価は、AIによる自動化が進んでいます。

7. 法律関連

  • パラリーガル: 書類作成や法的調査など、ルーチンワークが多い業務はAIによって効率化されやすいです。
  • 契約書レビュー: AIは契約書のレビューやコンプライアンスチェックを高速かつ正確に行うことができます。

8. 医療関連

  • 放射線技師: 画像診断はAIによる自動診断技術が進んでおり、効率化が図られています。
  • 病理学者: 病理画像の分析もAIによって支援されることが増えています。

9. クリエイティブ職

  • 基本的なグラフィックデザイン: テンプレートベースのデザイン作業は、AIツールによって自動化されやすいです。
  • コピーライティング: シンプルな広告文やSEO記事などは、AI生成ツールによって生成が可能です。

これらの職種は、AIや自動化技術によって効率化されることが多く、将来的には人間の介在が減る可能性があります。

しかし、完全にAIに取って代わられるわけではなく、AIを活用して人間がより付加価値の高い業務にシフトすることが求められます。また、AIと共存し、AIを使いこなすスキルを身につけることが重要です。

奪われにくい士業

AIの進展によって影響を受ける士業について、具体的に残る士業と残らない士業を考察します。

以下の士業は高度な専門知識を必要とするため、完全にAIに取って代わられることは少ないですが、業務の一部が自動化されることで変革が進む分野があります。

これらの士業は、高度な専門知識、人間的な判断力、倫理的な決定が求められるため、AIによる完全な代替が難しいとされています。

  1. 弁護士
    • 法廷での弁護: 裁判での弁護や交渉、クライアントとの複雑なコミュニケーションが求められるため。
    • 法律相談: 複雑で個別のケースに対応するための人間的な判断が必要です。
  2. 医師
    • 診療・手術: 患者の診療や外科手術、治療計画の策定には高度な専門知識と経験が必要です。
    • 心理療法士・精神科医: 患者の心理的なサポートや治療には、共感とコミュニケーションが重要です。
  3. 公認会計士
    • 監査業務: 企業の財務諸表の監査は、AIにサポートされる部分があるものの、最終的な判断は人間の会計士が行う必要があります。
    • 経営コンサルティング: 企業の経営改善や戦略立案には、経験と創造性が求められます。
  4. 司法書士
    • 不動産登記や相続手続き: 複雑な法律手続きや顧客の個別のニーズに対応するための専門知識が必要です。
  5. 社会保険労務士
    • 労務管理や年金相談: 労働法に基づくアドバイスや、個別の労働問題への対応が求められます。

奪われる可能性のある士業

以下の士業は、ルーチンワークやデータ処理が中心となるため、AIによって業務が自動化されやすいです。

  1. 税理士
    • 基本的な税務申告: 税務ソフトウェアやAIが税務計算を行うため、基本的な申告業務は自動化される可能性が高いです。
  2. 行政書士
    • 標準的な許認可申請: 定型的な許認可申請は、AIによる自動化が進みやすい分野です。
  3. 土地家屋調査士
    • 簡易な測量業務: ドローンやAIによる測量技術の進展により、簡易な測量業務が自動化される可能性があります。

士業においても、AIの進展により業務の一部が自動化されることが避けられませんが、完全に代替されることは少ないでしょう。

特に高度な専門知識や人間的な判断、倫理的な判断が求められる分野では、AIは補助的な役割に留まり、専門家自身の価値がさらに高まると考えられます。

一方で、定型的な作業やルーチンワークが中心となる分野では、AIによる効率化が進むため、士業の役割が変わる可能性があります。士業の専門家は、AIを活用しながら、自身のスキルを高め続けることが重要です。

また、現在ここに記載した士業の方は、奪われにくい職種と組み合わせることで、逆に他者と差別化のできる可能性を持っています。

中小企業診断士は?

中小企業診断士に関しても、AIの進展による影響を受ける可能性がありますが、その役割や仕事内容から考えると、完全にAIに取って代わられることは難しいと考えられます。

以下に、中小企業診断士の業務におけるAIの影響と、それに伴う変化について詳しく説明します。

AIによる影響が少ない領域

  1. 戦略立案
    • 企業の経営戦略やビジネスモデルの構築には、業界の知識や経験、創造的な思考が求められます。これらはAIが苦手とする分野です。
  2. 経営者とのコミュニケーション
    • 経営者との対話を通じて問題を特定し、解決策を提案するプロセスは、共感や信頼関係の構築が重要です。人間の診断士が行う直接的なコミュニケーションはAIには代替できません。
  3. 人的ネットワークの活用
    • 中小企業診断士は、企業間のネットワークを活用して、パートナーシップやビジネス機会を創出します。これも人間関係に基づく活動であり、AIには難しい領域です。

AIによる影響がある領域

  1. データ分析
    • 財務データや市場データの分析は、AIによって効率化される可能性があります。AIを活用することで、より迅速かつ正確な分析が可能となります。
  2. 業務プロセスの標準化
    • 経営診断や業務プロセスの改善に関する定型的なアドバイスは、AIが提供できる部分があります。例えば、業務効率化のための標準的な手法やベストプラクティスの提供はAIに任せることができるでしょう。
  3. 市場調査
    • 市場動向の分析や競合調査は、AIによる自動化が進みやすい分野です。AIが大規模なデータを短時間で処理し、洞察を提供することができます。

中小企業診断士の役割の変化

AIの進展に伴い、中小企業診断士の役割も変化することが予想されます。以下はその具体例です。

  1. AIツールの活用
    • AIツールを活用してデータ分析や市場調査を行い、その結果を基にした戦略的なアドバイスを提供することで、診断士の価値が向上します。
  2. 高度な専門知識の提供
    • AIが提供するデータを基に、具体的な経営戦略や組織改革の提案を行うなど、高度な専門知識が求められる分野に集中することができます。
  3. コンサルティングの質の向上
    • AIによって効率化された部分を活用し、より深いコンサルティングやクライアントとの関係構築に時間を割くことが可能となります。

中小企業診断士×○○

中小企業診断士は全ての資格との相性が良く、足し算ではなく掛け算によるシナジーが生み出される無限の可能性を持つ資格です。

現在、中小企業診断士のみの方はさらなる資格の取得や技術の取得、他の資格をお持ちで中小企業診断士資格を取得していない方はは、中小企業診断士の資格取得を目指すことをおすすめします。

中小企業診断士×○○=無限の可能性

最後に

AIの進化は避けられない現実であり、多くの職業がその影響を受けることになります。

しかし、AIがすべての仕事を奪うわけではありません。むしろ、AIを活用することで新たな価値を創出できる職業や、AIには代替できない人間特有の能力を必要とする職業が今後も重要性を増していくでしょう。

中小企業診断士としての役割も例外ではありません。AIは情報分析やデータ処理の面で大いに役立ちますが、企業の独自の状況やニーズに合わせた具体的なアドバイスや、人間関係を築きながらのコンサルティングは診断士の経験と洞察力に依存します。

AIを恐れるのではなく、積極的に取り入れることで、自身のスキルをさらに磨き、クライアントにとってより価値のあるパートナーになることができます。

AI時代においても、中小企業診断士はその存在意義を失わず、むしろ進化し続ける職業であり続けるでしょう。AIとの共存と共創を通じて、新しい時代のビジネス支援のあり方をともに模索していきましょう。

中小企業診断士×○○=無限の可能性

AIに仕事を奪われない選択肢が、中小企業診断士にはあります。

参考リンク

その他、本サイトのコンテンツをご紹介します。

中小企業診断士試験の情報について、まとめています。

試験対策 あなたは、今の自分を変えたいと思いますか? その手段は中小企業診断士資格取得にあります。 でも・・・ 取得するメリッ...

中小企業診断士資格を取得した先も、まだまだ世界は続く!

中小企業診断士の転職 念願の中小企業診断士を取得したぞ! でも・・・ 実務経験が不足しいて自信がない独立するにも顧客がいない継続的にスキルを身に...
ABOUT ME
Great Sebastian
Great Sbastian School 学長 Great Sebastian 専門分野(店舗管理/店内製造/衛生管理/管理会計/景況調査/補助金審査) 資格(中小企業診断士・第一種衛生管理者・調理師・2級(FP/簿記/販売士) 【あなたを中小企業診断士にしたい!】

POSTED COMMENT

  1. ぶーちゃん より:

    中小企業診断士は、他の資格との相性が全てにおいて良いんですね!

    • Great Sebastian より:

      コメントありがとうございます。中小企業診断士資格は、どの資格とも、どんな技術、経験とも全てにおいて相性が良いと考えられます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です